MENU

塚本久美(パン屋さん)のプロフィールと経歴|ヒヨリブロートのパンの購入方法は?

なにこのパン…すげぇうまそう…

9/19に放送のセブンルールでパン職人の塚本久美さんが特集されますね。

塚元久美さんの焼くパンは、山奥でパンを焼きネットのみの販売スタイルで、現在1カ月半待ちの人気ぶりだそうです。

現在、全国から予約が殺到しているそう。

ユニークなのは、その営業スタイル。

20日間働いたら、10日間はお休み。

その10日間は何をしているかというと、旅に出ているそうです。

旅先では、パン作りに関わる小麦生産者のもとをまわっているとのこと。

また、住んでいる場所も築180年というシェアハウスで月3万5千円の屋根裏部屋。

決してぜいたくせず、「夢は100歳までパン屋さん」と話す塚元久美さんのプロフィールをまとめてみました。

塚元久美さんのプロフィール

生まれ:1982年

年齢: 34歳

出身地:千葉県

高校:小金高等学校

大学:明治大学卒業

経歴

塚元さんは、明治大学卒業後、リクルートに就職されます。

そこで3年間勤め、パン職人になるために退職。

2008年、26歳でパン職人に転身し、東京・三軒茶屋にある名店「シニフィアンシニフィエ」の志賀勝栄シェフの下で7年間の修業を積まれました。

その後、本場ドイツにも足を運び、顔のわかる生産者の食材を使ってパンを焼くスタイルを学ぶ。

そして、2016年に東京から兵庫県丹波市に移住。

「旅するパン屋」をコンセプトに、店舗を持たずにインターネットのみで販売するパン工房「ヒヨリブロート」を開店。全国から予約が殺到し、1ヵ月半待ちの人気パン工房として注目を集めています。

パン屋をめざしたきっかけは?

パン職人を目指していた友人と、パンめぐりをしていたのが原点だそう。

デンマークとドイツにパンを食べに行ったときに、その美味しさに感動。

ベルリンで食べて、パンの衝撃が忘れられないとのこと。

そして、リクルートに勤めながら、週末はパン屋さんでアルバイト。

26歳のときに、一念発起してリクルートを退職。

運よく、パンの名店で働くことができ、そこで7年間の修行をしたそうです。

同時に原点である、ドイツにもあしげく通い、美味しく、安全で、こだわりぬいたパンの製法を学んでいったそう。

塚元さんのパンづくりにおける技術とこだわりは、どうやら本物のようですね。

店舗を持たない「旅するパン屋」とは?

塚元さんが経営する「HIYORI BROT」は販売店舗を構えていません。

その理由は、「家賃がかからないのはもちろん、旅をしたかったから」だそうです。

面白い方ですね。

パンを焼くのは1ヵ月のうち20日間。あとの10日間は旅をされています。

正確には、新月~満月の5日間働くということなのですが…

「“月の暦”で動いているんです。新月〜満月と、満月からの5日間は月の力が放出されているときなので、アウトプットとしてパンを焼きます。満月の6日後〜新月にかけては吸収する力が働いているので、旅をしてインプットする時間に当てています」

という風に語っていますが、なんともロマンチックなパン屋さんです。

ステキだなぁ。

まるで、占いで生計を立てて各地を放浪する、ジプシーを彷彿とさせます。

結婚、旦那さんはいる?

FACEBOOKなどを調べてみましたが、ご結婚されている情報などはでてきませんでした。

今は、パンを焼くことと、自由に旅をすることの方が、大切なのかもしれませんね。

とても笑顔がステキな方なので、パートナーはいるかもしれませんね。

「HIYORI BROT(ヒヨリブロート)」のパンはどこで購入できる?

塚元さんのパン工房は、兵庫県丹波市にあります。

しかし、ここは、工房のみで販売店舗はありません。

購入方法は以下の2点。

ヒヨリブロートで購入できるパンは、おまかせのセットのみ。

どれも甘みがギューッとつまっていそうで、画像を見ていると思わず唾液が…

いわゆるバケットが中心のラインナップで、本場ドイツのパンを楽しみたい方には、最高なんじゃないでしょうか。

ぜったい食べたい。

番組放送後は、注文が殺到して大変なことになりそうですけどね。

イベントは?

9月14日(木)~19日(火)新宿髙島屋美味コレクションで開催されていますが、そこに出展されています。

パンはカンパーニュと食パンが出展。

その他、塚元さんのセレクションでブルーベリー、トマト、かぼちゃ、大納言小豆などなど丁寧に栽培された食品を厳選して出展されているようです。

気になる方は、ぜひ足を運んでみてはどうでしょうか。

まとめ

大量に食品が生産される世の中で、こういったひとつひとつ丁寧に生産されるものは、やはり魅力的ですね。

名店に通いながら、パンの本場ドイツにも通って修行を重ねたそうですから、パンの味も期待できます。

きっと、今の生産スケジュールが一番いいものをつくれるのかもしれませんが、なんとか量産してもらいたいですね 笑

ぜひこういった本当に美味しいパンを、街中でも気軽に食べられる日がくるといいなと思いました。

以上TOPICがお伝えしました。