MENU

豊田議員は眉毛の角度を変えてイメチェンしてもダメ!ネットで批判の声多数|ぶっちゃけ今の方がキレイか?

ま、眉毛変えたって、ダメなものはダメなんだからねっっっ!!!

元秘書に対して暴言を吐いたり、暴行したりしたと「週刊新潮」で報じられ、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県新座市で会合を開き、一連の問題について支持者に謝罪した。

当時、豊田議員は、一連の騒動を否定しており、有権者から雲隠れしていました。

しかし、一転。

やはり、謝罪会見をひらく状況となったわけです。

会見では、秘書本人やその家族、そして国民・有権者に対し陳謝、何度も頭を下げたそうです。

「体調が万全ではなく、ろれつが回らなかったり、ふらついたりすることもある」

と話した豊田議員。

「生きているのが恥ずかしい、死んだ方がましではないかと思ったこともありました。体重も少し戻りましたが、薬を飲んでインタビューもやらせていただいてきました」

と明かしました。

「このハゲー!!!!!」なんて、すごんでいた事実はどうなったんでしょうか。

謝罪になったら、急にヨワヨワしい態度になってしまいました…

さらに、以前の姿から「イメチェンをはかった?」とされる写真がこちら。

長かった髪の毛をばっさりと切り、茶髪だった色もおしとやかな黒に染めなしたようです。

化粧も、以前のぎらぎらした感じから、清楚な感じに。

なんだか若返って感じもしますね。

ちょっと、以前の写真とも比較をしてみましょう。

こちらが、事件前の豊田議員の写真です。

謝罪時の写真と比較をすると、眉毛がつりあがっているように見えます。

実は、この眉毛を変えたことが、「見た目で印象を変えようとしている」とネットでは批判が出ています。

豊田議員眉毛を変えてイメチェン疑惑

たしかに、言われてみれば、眉毛ひとつでだいぶ印象が変わりますね。

でも騙されないぞ!という国民の意見もたしかです。

そもそも、そんな暴言を吐くこと自体がおかしいですからねぇ…

豊田真由子議員の迷言語録

ちょっとここで、豊田議員の暴言をおさらいしておきましょう。

ひどすぎ…

自分に「様」をつけちゃう…

赤ちゃん言葉であおる、あおる…

こんなん、上司に言われたらやってられないですよね…

それ、人として言っちゃダメなやつ!

こんなものは、序の口で、まだまだ暴言の数ははかりしれません。

「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」

「お前の娘にも危害が及ぶ」

「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

などの発言もあったそうです。

これが日常的に起きていたことで、何人もの秘書が辞めていった事実はいまさら消せないのではないでしょうか。

すでに自民党を離党している豊田議員ですが、これからも議員を続けたいと語っています…

これに対して、支持者の方は、どんな風に感じているのでしょうか。

豊田真由子議員の今後は?

さて、ついに謝罪会見をひらいた豊田氏ですが、今後はどうなるのでしょうか。

事件当時は、傷害事件として、すぐに逮捕するべきだという声もありました。

この件に関しては、豊田氏はいまだ「暴行は無かった」という否定の立場をとっています。

被害を受けた元秘書は、暴行を受けたとして埼玉県警に被害届を出していますが、今後司法はどのような判断を下すのでしょうか。

今回の支持者に向けた会見の前に、テレビ番組のインタビューを受けていた豊田氏。

あくまでも「異常なテンションの中ではじめて行ったこと」として、弁明しています。

これに関しては、週刊新潮では、数年にわたり複数の秘書に対して暴言を吐いていたと報じられているのですが、豊田氏は、真っ向から否定する形ですね。

仮にはじめてだったとしても、やったことはやったことなわけですから、秘書の方にも謝罪して、一旦議員を辞めるのが正しい道なのではないでしょうか。

現在、解散総選挙が10月に行われるのでは?と騒がれている中で、そのまま内閣にシレっと入閣したりしませんよね…?

いや、それけっこう可能性あるな…

プライベートと仕事は別に考えなければいけないとは思いますが、やっぱり性格の悪い人は政治家に選びたくないなぁ…

皆さんは、どのように感じましたでしょうか。

以上TOPICがお伝えしました。