MENU

東京学芸大のアカハラ50代教授は誰?|顔写真の公開と実名報道は?|アカハラで諭旨解雇

アカハラはわりとよく耳にしますが、生徒の内定を取り消す教師がいるとは…これはいかんですなぁ

東京学芸大は12日、50代の男性教授が学生に悪質で不適切な言動を繰り返すアカデミックハラスメントを行ったと発表した。

事件をまとめると!

  • 時期は2014年3~10月
  • 内々定を出した企業に取り消しの連絡をしようとする
  • 内々定先の企業の採用責任者に学生の情報を漏らす
  • メーリングリストを使って学生に不安を与える

これだけでも、ひどいですが、まだまだ余罪があります。

このほか、学生に研究室の仕事を優先させるため、1時間以内に予定されているインターンシップの打ち合わせをキャンセルするよう命じたなどの

この教授の言動により、複数の学生が精神疾患を発症し、卒業後の就労にも多大な支障が生じたそうです。

本来、就職や、人生の選択を後押しするべき立場の人間が、生徒を不安に陥れる行為を繰り返していたわけです。

なぜそんなことをするのか、あまりにも不可解…

8月30日付で諭旨解雇の懲戒処分にした。教授は今月11日付で辞職したそうです。

が、しかし、辞職しただけで許されてしまうのでしょうか…

この件に関してのネットの声

ネット上の声として、「なぜ?」という率直な意見が多かったです。

たしかに、生徒をしかったり、横暴な態度をとる教師は世の中にゴマンといそうですが、就職先にまで手をのばしてくる教師は控えめにいっても異常かもしれません。

生徒の就職をつぶして、いったい何になるのでしょうか…

諭旨解雇は、懲戒解雇よりも軽い処分です。

懲戒とは違い、退職金がでる点が甘いととられても仕方ないかもしれません。

たしかに解雇は解雇ですが…

この教授は、また、どこかでしれっと教授になってしまうのでしょうか。

アカデミックハラスメントとは?

アカハラとは、アカデミックハラスメントの略です。

大学とかで、教授などの強い権限を持っている人が、その力をつかって学生や他の職員に嫌がらせを行うこと。

よく労働環境で社会問題とされる、上下関係を利用して行われる『パワーハラスメント(パワハラ)』のうちの1つです。

この教授は、生徒の未来よりも自分の権力を誇示することに一生懸命だったのでしょうか。

東京学芸大のアカハラは過去にもあった

実は、東京学芸大のアカハラ問題は、今回だけではありませんでした。

2012年10月11日のニュースによると、東京学芸大(東京都小金井市)は10日、いずれも教育学部の60歳代と50歳代の男性教授が大学院生に対してアカデミック・ハラスメント(嫌がらせ)などを行ったとして、それぞれ停職3か月、同1か月の懲戒処分にしました。

同大によると、60歳代の教授は昨年度、女子大学院生1人に対し、授業への出席を認めず、論文の適切な指導を行わなかったほか、指導方針を巡り同僚教授を大声でどなるなどしたという。50歳代の教授は昨年度、複数の大学院生に長時間、教授の論文の入力作業を強いたほか、学生にリストを渡し、旅行先から土産を買って来させたそうです。

両教授はいずれも学内の調査に「ハラスメント行為はしていない」などと否定しているという。

アカハラの問題点は、この「ハラスメント行為はしていない」という教授側の主張に集約されるのではないでしょうか。

つまり、本人はハラスメントをしているつもりがなく、教育者として当然の行為を行っただけ…

そんな教師の思い込みが、今回のような事件につながっているのではと感じます。

アカハラ50代教授の顔写真、名前や経歴は?

東京学芸大のアカハラ50代教授は誰なのか。

今のところ、実名の報道はされていません。

この教授は辞職されていますが、一説によると学生側から訴訟されるのでは?

という指摘もあります。

アカハラを受けた一部の学生は、精神疾患を患っていると診断されていますから、民事訴訟を起こせば損害賠償を請求できます。

就職を邪魔された生徒もおなじく、訴訟を起こせるのではないでしょうか。

その為、実名報道や詳しい報道がされていない可能性が高いと思われます。

まとめ

今回の件は、教師の横暴な言動は日常的だ。では、終わりにできないように思います。

裁判なり、きちっとした結果をもって世に問わなければ、横暴な教師の体質やアカハラの問題点を浮き彫りにできないと考えます。

今後も注目していきたいニュースです。

以上TOPICがお伝えしました。