MENU

タレントの「楽しんご」さんが激太りが原因で緊急入院。過去には暴行事件も

おねぇキャラで人気を博した、楽しんごさんが激太りが原因で、緊急入院されたそうです。

病名は、急性髄膜炎

おなかにぽっかりと穴が空いていたそうで、とんでもない激痛だったツイッターで語っています。

自身のツイッターでは、ベッドに横たわりつらそうな姿を見せています。

手術は、4時間を超える大手術だったそうで、その内容が病気の重さを物語っています。

そして、急性髄膜炎の原因は、激太り。

先日、楽しんごさんのある写真が話題になりました。

以前の体重から20kg以上も増加し、激太りした姿を報じられてしまいました。

たしかに以前のスラ~っとした姿からは想像もできないほど、顔がパンパンに…。

もやは誰だかわからない状態です。

激太り ⇒ 急性髄膜炎となにかと大変な楽しんごさんですが、現在は「整体ビジネス」で大成功を収めている方でもあります。

おねぇキャラから放たれる切れ味のある下ネタからは、その堅実な内容は想像できませんが、実はかなりの努力家でもあるようです。

しかし、過去には暴力事件などでも話題になっていました。

そんな楽しんごさんの経歴なども振り返ってみましょう。

楽しんごさんのプロフィール

名前:楽しんご
本名:佐藤信吾
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1979年3月15日
身長:186cm
デビュー時期:2000年
最終学歴:厚木高等専修学校・服飾科卒業
所属事務所:東京吉本

高専を卒業後は、役者の道を目指すも、なかなか目が出ずアルバイトの日々だったそう。

テレビで「オリエンタルラジオ」のリズムネタを見てピンときた楽しんごさんは、役者から芸人の道へ。

その後、「東幹久のモノマネ」や「ラブ注入」という一発芸で、人気者になります。

しかし、一発芸だけで芸能界を上り詰めるのは至難。徐々に世間からもあきられてテレビ業界からはフェードアウト。

もともともっていた整体士の資格で花開く

実は、高校時代から整体士の仕事に関わっていて、その経験を生かし、自宅などでサロンを開きます。

楽しんごさんの施術料金は45分で2万円(!?)という強気な価格設定でしたが、予想に反して大人気のサロンとなります。

今では、2億円もするブガッティ・ヴェィロンという超高級車を購入するまでに至りました。

すごいですね…

過去には、相方に対する暴力沙汰も

そんな順風満帆な人生を送る楽しんごさんでしたが、突如として「相方に暴力を振るっている」という疑惑が持ち上がります。

2013年8月に「週刊フライデー」に掲載された告発記事の内容は、楽しんごさんが付き人であった男性・Aさんに、日常的な暴力行為を繰り返していたというものでした。

被害者はこのAさんだけでなく、元マネージャーや付き人からも被害届を出されています。

また、楽しんごさんが自宅内で包丁を持って30代前半の元付き人男性を追い回すシーンが映る動画が世間に出回ります。

もちろん冗談で撮影しているはずですが、日常的に行われていたとすれば、パワハラ、モラハラととられても仕方無いのかもしれません。

憶測の域はでませんが、楽しんごさんの「度が過ぎた」部分もあったということなのでしょう。

実際に暴行の事実があったかは定かではない

結局この暴行疑惑の真意はわからず、楽しんごさんが暴行容疑で起訴されるようなことはありませんでした。

2016年には、芸能界への復帰も果たしている

現在は、舞台やイベント出演などをメインに活動されている様子。

そんな矢先の急病でしたが、今後も精力的に活動してもらいたいですね。

以上、TOPICがお伝えしました。