MENU

倉持麟太郎弁護士|左翼?華々しい経歴と出演番組・著書|山尾志桜里W不倫まとめ

男女・離婚問題を専門に扱う弁護士さんが、政治家とW不倫とはこれいかに…

民進・山尾志桜里氏、“男性との交際問題“で週刊誌が取材⇒幹事長への起用断念

渦中の民進党・山尾志桜里氏。

なんちゅー表情してんですかね…。

まさか自分が不倫問題をすっぱ抜かれると思いもしなかったのでしょうか。

不倫している人たちって、なぜ「バレナイ」と思っているのか毎度疑問です。

山尾議員は、一部で女性宰相も狙えるのでは?と評価されていた人物。

ガソリンを1年間で地球5週分も計上していた「ガソリーヌ問題」でも話題になっていました。

今後の政治化生命はどうなるのでしょうか…。

ところで、気になるのは不倫されているとされる、お相手のイケメン弁護士。

さっそく経歴を追ってみました。

「イケメン」倉持麟太郎弁護士のプロフィール

氏名;倉持 麟太郎(くらもち りんたろう)
生年月日;昭和58年1月16日(34歳)
出身地;東京都渋谷区

山尾議員が、43歳ですからおよそ10歳差です。

たしかに山尾議員は、年齢のわりに若く、キレイな方。

一緒に仕事をするうちに、恋におちてしまったのでしょうか。

倉持さんも、今風の短髪にヒゲをはやしたスタイルで、「イケメン」の評価もわかります。

倉持麟太郎氏の経歴

学歴は、慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。

2012年弁護士登録。

慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師を務めます。

自身では、弁護士法人Next代表弁護士を設立。

弁護士法人Nextは、福岡市に設置される「雇用労働相談センター」事業について、株式会社ドリームインキュベータから再委託を受け、事業に参画させていただくことになりました。

「雇用労働相談センター」は、政府の「国家戦略特区(グローバル企業・雇用創出特区)」の事業の一つです。

安倍政権のお膝元で、ベンチャー企業の労働紛争解決などを中心に行っている様子。

このあたりから、政治世界との深い関わりあいが見えてきますね。

華々しい経歴と出演番組・著書

倉持氏の特徴として、メディア露出が多い点も挙げられます。

モーニングCROSSのレギュラーコメンテーター

鳥越俊太郎さん、フィフィさんなど著名人とならんで、出演されています。

弁護士の観点から、改憲論についてコメントしていたようです。

ちなみにフィフィさんは、歯に衣着せぬ物言いで人気ですが、今回の件は共演者という立場でどんなコメントをするのか楽しみ…

日刊ゲンダイでの連載

日刊ゲンダイでは、20回の連載にわたり、「安保法案の欠陥を衝く」というタイトルの記事を寄稿。

安倍政権の方針に関する矛盾を突いていました。

奇しくも、20回目の記事のタイトルは、「

政治家の良心とは何か、矜持はないのか、胸は痛まないのか

でした。

いや、それ山尾さんにいってあげたらどう?

SEALSの奥田愛基さんとの著書

「2015年安保 国会の内と外で――民主主義をやり直す」

というタイトルで、SEALSの奥田愛基さんとの著書を出されています。

やはりこちらも安保と、改憲についての内容。

国のことは一生懸命に考えているのに、奥さんのことは考えて無かったのでしょうか…

それとこれとは別?

山尾氏との接点は?

肝心な山尾氏との接点ですが、「問題だらけの安保法制」という勉強会で、山尾志桜里も勉強会に参加していました。

またすでに、ツーショットも撮られているようでして…

※一番奥の席に座っているのが、倉持弁護士です。手前から3番目が山尾議員。

何かの会席で、一緒になっている写真。

キャスターの山本モナさんと不倫をしていた、細野豪志氏(モナ男)も同席していてオールスター感がハンパ無いですね。

政治家は、活力がありあまっているようですが、その力を政治に向けてほしいと思うのは私だけではないはず…

奥さん、子供の情報は?

これだけ露出の激しい、倉持氏ですから、家族の情報もたんまりでてくるかと思いきや、まったく見当たりませんでした。

記憶に新しい、今井議員と橋本議員の不倫問題の時には、奥さんも登場して反論していました。

今回の件も、奥さんがだまっていないのでは?と予想します。

お堅い仕事をやっておきながら、不倫は我慢できなかったでは、奥さんもいたたまれないでしょう。

続報を待ちたいところです。

左翼って本当?

倉持氏が左翼と言われているのは、SEALSの奥田さんとのつながりや、モーニングクロスの鳥越俊太郎氏との共演によるものだと考えます。

また、改憲に関して異を唱えている部分も大きいのでしょう。

実際に、ご自身が表明しているわけではないことと、国家戦略特区のお膝下で仕事を請けている様子を見ると、単なる国家批判に走っている人物ではなさそうですが…

あくまでも法の観点から、憲法改正案に対しての矛盾を示唆している感じでしょうか。

右、左の問題は、詳しくないとやけどしそうなので、このへんにしておきましょう…

倉持麟太郎弁護士のW不倫問題まとめ

こうして、倉持弁護士の経歴を追っていると、ご本人も政界に進出する気が合ったように思えます。

そうなると、山尾氏から可愛がられて、いろいろ期待することもあったのかもしれませんね。

今回の問題で、意図せず有名になってしまった倉持弁護士は、どのように自分を「弁護」するのでしょうか。

今後の発言に注目が集まりそうです。

以上TOPICがお伝えしました。