MENU

温泉へ行こう女優の加藤貴子さん(46歳)3度の流産を乗り越えて、第二子出産!一体どこのクリニックで妊活したの?旦那様と子供の画像は?

いや~、うれしいニュースです!ドラマ「温泉へいこう」好きだったんだよなぁ~

ドラマ「温泉へ行こう」などに主演した女優の加藤貴子(46)が19日、自身のブログを更新。昨年2月から再開した妊活を経て、第2子を妊娠したことを発表した。

46歳での出産という、とても大変な出産を乗り越えた加藤貴子さん。

かな~り前に放送されていた、TBSドラマ「温泉へ行こう」で人気だった女優さんです。

昼ドラだったんですけど、夏休みとかに見てたなぁ~。あと、学校サボったときとか…

加藤さんふんする薫役が、可愛かったんですよぉ~

あれから、18年たった今でもかわらずお綺麗です。

妊娠するまでが大変だった…

加藤さんは、33歳の頃に自己流で妊活を開始。

しかし、いつまでも子供が授からないことから、映画監督の堤幸彦氏の紹介で通い出した病院で本格的な不妊治療を開始したそうです。

不妊の原因は「夫の不妊と加齢による卵子の劣化」

つまり、加藤さんだけでなく、旦那さんにも原因があったというわけです。

実は、あまり知られていませんが、男性側に不妊の原因があることは珍しくありません。

なかなか気づきにくいのがやっかいですが…

3回の流産を経験

妊活の努力もむなしく、なんと3回もの流産を体験します。

特に3度目の流産では「自然妊娠で、大丈夫と言われていてそこからの流産だったので精神的にも参ってしまった」と当時の苦悩を吐露されました。

ここで、あきらめなかったことがすごいなぁ…

2014年に長男を出産

3度目の流産手術前に医師から「必ず加藤さんに赤ちゃんを抱いてもらえるようにがんばるから。加藤さんも諦めないで」とかけられた言葉が励みとなり、ついに、2014年11月に待望の長男を出産。

どんなにうれしかったでしょうねぇ…

かわいい長男の画像

画像は加工されていますが、かわいらしい男の子なのが見て取れます。

加藤さんの、やさしい表情も妊活の経緯を知ると、なんだか泣けてきちゃう…

こちらは、もう少し小さい頃でしょうか。修正なしでしっかりとお顔が映っています。

赤ん坊って、なんでこんなにかわいいですかね…

壮絶な不妊治療をともに乗り越えてきた旦那様の画像

こちらが、旦那様の画像ですが…

がっつり修正されちゃっていますw

しかし、トナカイの格好をするなど、おちゃめでやさしい旦那様なのでしょうね。

交際期間は約11年間

加藤さんの旦那さんは、一般男性です。

お付き合いが始まったのは、32歳のときだそうです。

そして、11年のときを経て2013年にご結婚。

結婚をしていなかった理由は、ふたりとも入籍という形式にこだわらなかったこと。

そんな柔軟な考えの二人だからこそ、長年妊活に取り組めたのかもしれません。

加藤貴子さんが妊活していたクリニックはここ!

加藤さんのブログでは、妊活していたクリニックが紹介されていました。

東京都調布市にある京王線国領駅から徒歩1分の「ウィメンズ クリニック 神野」

だそうです。

加藤さんのブログによると、ここでは3ヶ月に1回、不妊治療が必要かどうか知りたい方への無料説明会と、毎月1回、通院中の方へ早く妊娠する極意を伝える院内説明会(1人5百円)があるそうです。

長年、加藤さんを支えてきたわけですから、丁寧に患者さんと向き合ってくれそうですよね。

今回のニュースで人気になってしまう可能性もありますが。

私がクリニックの門を叩いた時は、42歳を越えていました。

今でも忘れません…。

クリニックへ予約の電話をしたときに、年齢を伝えたら

「直ぐに来なさい」

と言われました。
そのくらい、年齢は重要な要因になります。

42歳を超えていても、「直ぐに来なさい」と言ってくれたクリニック。

なんと頼もしいのでしょうか。

こういったクリニックが多いといいですね。

ウィメンズ クリニック 神野

最近の加藤貴子さんの活動は?

妊活で大変な身ながら、女優業もしっかりこなしていた加藤さん。

昨年(2016年)には、テレビ朝日のドラマ「おみやさんスペシャル」に出演。

俳優の渡瀬恒彦さんや、女優の貫地谷しほりさんなど共演。

っていうか、ほんとに年をとらないばかりか、逆に美しくなられていらっしゃる…

まとめ

3度の流産という悲しい出来事を乗り越えて、46歳で第二子を出産された加藤さん。

今後、プライベートと仕事もより充実していくことでしょう。

ぜひ、がんばって欲しいですね。

以上TOPICがお伝えしました。