MENU

小幡真子(バレー)が可愛い|出身高校と父母情報!彼氏はいる?【スーパーリベロプレイ集】

日本女子バレーはこの方が居れば、大丈夫。

今回ご紹介するのは、スーパーリベロこと小幡真子(おばたまこ)選手です。

3年連続でベストリベロ賞を受賞するなど、まさに最強守護神の名にふさわしい選手。

そんな、日本女子バレーの守りの要となる、小幡真子選手について調べてみました。

小幡真子選手のプロフィール

生年月日:1992年8月15日
年齢:25歳
出身地:熊本県上天草市
身長:164cm
体重:55kg

学歴

上天草市立大矢野中学校を卒業。

バレーボールの強豪校である九州文化学園高校に進学し、春高バレー、インターハイなどで活躍。

九州文化学園高校というと、何度もインターハイと国体で優勝するバレーの強豪です。

ここで、小幡真子選手のスキルは磨かれたんですね。

母親がバレー実業団選手だった

実は、お母さんがバレー実業団の選手でした。

お母さんが、久光製薬スプリングスのバレーボール選手だった事もあり、バレーボールは身近なスポーツだったそうです。

お父さんに関しては、詳しい情報はありませんでした。

おそらく一般の方なのでしょうね。

ですが、小幡さんのバレー人生を支えてきたのは、想像に難くありません。

バレーの経歴

小幡選手は、小学校4年生からバレーボールを始めたそうです。

中学生でもバレー部に入部し、ポジションはライトを担当。

身長が低かった為、この頃からレシーブに力を入れて練習を積み重ね、中学最後の大会では、九州大会まで勝ち進むも、全国大会まであと1勝の所で敗退。

高校は、九州文化学園高校(長崎県佐世保市)に進学。最初は中学時代と同じく、ライトの練習をしつつレシーブ力を評価されリベロも担当。

さらに、高校2年生からは本格的にリベロとしてプレーします。

このときから、リベロの才能が開花していったのでしょう。

インターハイでは、3年連続でベストリベロ賞を受賞。

高校卒業後は、日本体育大学に進学します。

1年生の頃から試合に出場し、4年生の時にはキャプテンも務め、全日本インカレにて21年ぶりに優勝する。さらに同大会にて、最優秀選手賞とベストリベロ賞を受賞。

大学卒業後は、JTマーヴェラスに所属。2017年度3月に、初めて全日本女子メンバーに選出されました。

【やばい…】スーパーリベロプレイ集

小幡選手の凄さは、そのプレイを見ていただければすぐにわかります。

リベロというポジションは、アタッカーなどに比べて、すこし地味な印象です。

しかし、小幡さんの気迫あふれるプレイは、「守っている」のではなく「攻撃している」ようです。

どんな球が来てもあきらめないで、変幻自在に拾いにいくプレーが、チーム全体の活気につながりますね。

見ている側も彼女が居れば、なんとかしてくれる!と思わずにはいられません。

まさに、スーパーリベロの名を体現したプレー。

世界でもトップレベルのプレーといえるでしょう。

グラチャンバレーでもその切れ味するどいプレーを見たいところです。

 

まるで修行僧!?徹底した信念

  • 性格:自分! がある
  • 好きな言葉・座右の銘:感謝
  • 最近のマイブーム:片付け(部屋を毎日掃除する)
  • 尊敬する人:両親
  • 自分にとってバレーボールとは:人としてどうあるべきか教えてくれたスポーツ

小幡さんのプロフィールを見ると、なんだか修行僧のようなストイックさを感じます。

バレーボールだけなく、日ごろの生活態度から徹底、そのことがスーパープレイを生み出しているようですね。

お母さんから受け継いだバレーのDNAを感謝している様がすばらしい。

プライベートがなんかかわいい…

  • 好きな食べ物:チキン南蛮
  • 休日の過ごし方:自然がある場所に行く、ショッピング
  • 子どもの頃の夢:バレーボール選手とお花屋さん

と、とても女性らしい一面をもつ小幡選手。

ツイッターにあがる様々な写真もとてもふんわりした雰囲気で、かわいいものが多いです。

内面と向き合っているからこそ、日常の一場面を大事にしようとしているのが伝わってきます。

常に、精神的な向上を意識しているようです。

バレーをしているときと、私服のプライベート時のギャップが良いですね。

黒縁めがねが似合います。

自然が好きというだけあって、草花の写真が多いのもなんだか和みますね。

こちらのランチプレートは自身でつくっている様子。

女子ですね~。

彼氏はいる?

  • 好きな異性のタイプ:親友みたいに何でも話せる人

彼氏の情報で、確証がとれるものはありませんでした。

でも、性格も良さそうですし、彼氏はいるんじゃないですかね。

同じバレーボール選手かもしれませんね。

自分に厳しいかたなので、相手はちょっとプレッシャーかもしれませんが…

小幡真子選手まとめ

ボールを拾うことに、まるで人生のすべてをかけているかのような、小幡選手のプレー。

きっと、グラチャンバレーでは、多くの国民をそのプレーで感動させてくれることでしょう。

また、バレーの真髄は「つなぐこと」ですから、小幡選手がボールを拾えば拾うほど日本の勝利は近づきます。

みんなで、小幡選手の活躍を期待しましょう!

以上TOPICがお伝えしました。