MENU

ポーカーの天才?!ラスベガスで大活躍「GACKT」の秘められた才能!プロ顔負けって本当?

なんでもできるんすね…

本場ラスベガスで行われたポーカー大会で、歌手のGACKTさん(44)が、なんと1000万円近くもの賞金を獲得していたことが判明しました。

GACKT及び神威 楽斗は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。

旧芸名:Gackt。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。身長180cm、血液型A型。

ポーカーの世界大会に出場

世界最高のポーカー大会「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」が、5月から開催。

2ヶ月間に亘り、行われています。

こちらの大会、70弱のイベントと200ほどの小さなイベントが期間中、毎日開催。

メインイベントは、100万円以上もの参加料金を支払って、参加します。

参加するだけでも、おそろしい額です…

GACKTさんは、7月8日に開催された、優勝賞金9億円(!)のこのメインイベントに参加。

しかし、こちらのイベントではあえなく初戦敗退。

自身ブログでは、

負けはしたがダメだったとは思っていない

と語りました。

別のイベントでは、3日間で900万円をゲット

ただでは帰らないのが、ミスターパーフェクトことGACKTさん。

メインの前日に行われた別のイベントでは、見事に勝利。

その他のイベントもあわせて、900万円もの大金をゲットしていました。

これまでにもアジア大会で4回入賞して、現在、賞金ランキングは国内で58位に位置するそう。

もうプロのギャンブラーでも食べていける?…

昨年の11月頃から本格的にギャンブルにのめりこむ

GACKTさんが、ポーカーに本格的に挑戦を始めたのは昨年の11月頃。

そこからわずか2ヶ月で、マニラ大会で、7位に入賞。

抜群のセンスを見せ付けました。

GACKTさんと対戦経験のある、国内ランキング5位の土川鉄也氏によると、

自分からガンガンとチップを上乗せし、相手にプレッシャーを与え、場を支配する攻撃的なタイプです

とのこと。

あの肉体美から発せられるオーラで、相手を圧倒するのでしょう。

メインイベントで優勝した25歳、賞金9億円を手にする

7月23日、米ラスベガスで、ポーカーの世界大会「ワールドシリーズ・オブ・ポーカー」の決勝戦が行われ、ニュージャージー州出身のスコット・ブルームスティーンさんが優勝した(2017年 ロイター/Steve Marcus)

[ラスベガス 23日 ロイター] – 米ネバダ州ラスベガスで、ポーカーの世界大会「ワールドシリーズ・オブ・ポーカー」の決勝戦が行われ、ニュージャージー州出身のスコット・ブルームスティーンさん(25)が優勝した。

優勝が決まると家族や支援者らと抱き合って勝利を喜んだ。

ちなみに、GACKTさんが出場したメインのイベントで優勝したのは、25歳の男性。

手にした額は、9億円…

たかがギャンブルと思っていましたが、舐めてました。

一生働かないで暮らせるじゃないですか…

GACKTさんが、こんな大金を手にする日も近い?…かも。

以上TOPICがお伝えしました。