MENU

【超楽勝バイト】治験に行ってきたので体験談とおすすめ治験サイトの一覧まとめ

「治験」というと、なんだかあやしいとか、めちゃくちゃ楽なバイトとか、高額な報酬がもらえるとか…やったことない人は様々なイメージを持っていると思います。

ぶっちゃけた話し、時間さえ許せば、とても楽でおいしいアルバイトという感覚でした。

4泊5日の入院を2回に分けて行い、協力費は驚きの16万円(!)

ありがたや~、ありがたや~

正確には、医療実験に協力をしたことに対する謝礼、負担軽減費というものが支払われるので、アルバイト(仕事)ではないです

今回、治験に実際に参加してきた体験と、治験参加までの流れ、おすすめのサイトをまとめましたので、ご覧ください。

治験ってあぶないんじゃない?

まず「治験」とは、発売前の新薬を実際に人が服用することで、安全性を確かめるのが目的のものです。

私も実際に参加するまでは、「副作用がでるんじゃないか?」、「健康体に薬を投与してあぶなくないの?」と思っていました。

ぶっちゃけ全然楽勝です。ぜんぜんあぶなくない。

なぜなら、投与される薬はすでに市販されているものほとんど同じような成分で、すこ~し効き目が違うとかそんな程度です。※治験内容によっては違うかもなので、よく説明を聞くべし!

おそらく、新薬を発売するごくごく直前に、新薬として認可するために、多くのサンプルが必要なのでしょう。

そして、検査結果をもって厚生労働省の認可を得て、晴れて新しい薬の誕生となるようです。

まぁ、詳しい医療業界のプロセスについてはわかりませんが、だいたいそんな感じ!(適当)

具合が悪くなっても、病院なので、面倒見てくれます。

さらに、帰りたくなったら途中で帰ってもOK!

あくまで、「協力」ですからね。強制ではないのです。

そこも安心できる要素のひとつではないでしょうか。

治験サイトへの登録

治験に参加するには、治験案件を扱うサイトに登録し参加するのが、一般的です。

治験を定期的にやっている病院もあるので、直接問い合わせることもできるかもしれませんが、手続きとかが面倒かも。

治験サイトに会員登録して、担当者から詳しく説明を受けるのがベターだと思います。

私は、いくつかの治験サイトに登録をして、一番よさそうな日程のものを選んで申し込みをしました。

昔ほど治験に対する拒否感も減っているのか、けっこうすぐに枠が埋まってしまうのが難点。

とりあえずサイトには登録をしておきましょう。

おすすめの治験サイト一覧は、のちほど。

治験参加から報酬受け取りまでの流れ

治験に参加するのもめちゃくちゃ簡単です。

治験サイトに会員登録をしたら、目当ての案件をチョイス。

空きがあれば、申し込みが可能です。

申込む際は、身長、体重、健康状態、喫煙有無、直近で大きな病気をしていないか?などなど健康診断の際と同じようなアンケートを記入する必要があります。

基本、健康な人なら問題ありません。

※嘘をつくと、あとでバレると報酬がもらえなかったり、入院を断られたりするので、余計な面倒は避けましょうw

申込み後は、担当者からメール、電話等で連絡があります。

ここで、簡単な健康状態のチェックと、入院する場合は、事前の健康診断がありますので、その説明などがあります。

事前の健康診断も、思ったより早く終わり、1時間程度で帰してもらいました。

内容は、身長体重、血圧、尿検査、血液検査、とこの程度です。

事前検診だけでも数千円の協力費がもらえることがほとんどなので、ちょっと得した気分。

治験参加までの行程をまとめると

  1. 治験サイトに登録
  2. 案件に申込む
  3. 担当者からの連絡
  4. 事前検診を受ける
  5. 治験に参加できるかの可否

だいたいどの治験もこの流れです。

あとは、治験に参加できるかどうかの連絡を待ちましょう!

治験は身分証明書が必要な場合がほとんどです。写真つきの証明書を用意しておきましょう(免許証、パスポート、マイナンバー等) また、治験期間中は禁煙の場合も多いです。タバコは吸っていいのかどうか、そこも要チェック!

入院をする場合(実際の治験体験談)

規約上、あまり詳しくは書けませんが実際の体験談を少し。

治験の内容

ざっとまとめると、一日目だけ以下のようなスケジュールでした。

  • 8:00 起床後、健康診断
  • 9:00 薬を飲む
  • 数回の採血
  • 13:00 お昼ごはん
  • 数回の採血
  • 風呂
  • 19:00 夜ごはん
  • 採血
  • おやすみなさいZZZ

初日だけ、やたら採血されます。これだけは、面倒だったかなぁ。

薬を飲んだ後、数時間は寝てもダメ、起き上がってうろうろしてもダメ。

とにかく安静にしていないとアカン!ということでした。

あとは、決まった時間にかわいい(?)看護婦さんが、採血してくれます。

上手い人は、全然痛くないんだけど、下手な人もたまにいました…(心の中で舌打ちしました。)

お風呂も何十人もいるので、ひとり10分~15分のシャワーを浴びるのみ。

ちょっとあわただしいですね。

採血さえ終われば、あとは地獄のようなヒマな時間が押し寄せてきます…

それ以外は、マジでヒマ!ヒマ!ヒマ!

それしか感想がありませんw

逆に、怖いことや、イヤなこと、不安になることは特にありませんでした。

40人程度の男性が参加していましたが、全員、一日中マンガ本かネットをやっていました。

※こんな感じの本棚が複数ありました

大学生っぽい人も多く、勉強している人もいたかな。

ネットで体験談を読むと、だいたいどこの病院も大量のマンガ本が置いてある様子。TVも何台かありました。

ちなみに、私が参加した病院ではWiFiが入っていたので、ネットには困りませんでした。

40人も参加者が居たので、若干回線が遅かったかなぁ…

あとは、寝るか。

ワイワイと談笑する雰囲気でもなく(ピリピリしてるわけではないです)、隣人と一言二言交わしたのみでした。

なので、スマホやPCが無いと暇すぎて死にたくなります…

食事などは?

食事は3食。

決まった時間に順番に食事をとります。

ヒマすぎるので、唯一の楽しみがこの食事でした。

しかし、健康体を維持するためか、おかずの量が少なかった…

※これはあくまでイメージですが、もう少しおかずを豪華にした感じ。でも期待はしちゃだめよ…

ごはんだけは、山盛りでしたが。

味はすごく美味しいわけでもなく、不味いでもなく。

この食事以外は、病院内にある水しか摂取できませんので、注意。

退院してからの、コーラがなんと美味しかったことか…

設備や備品などは?

パッと見、普通の病院です。あたりまえか。

でも、すこしホテルよりというか、ガチガチの病院臭はありませんでした。

本棚らしきものが、ベットの横にひとつ。

もちろん電源コンセントもあり。

あとは、カーテンがあるので、それぞれのベットをそれが仕切っています。

ベットの距離は近いので、いびきをかく人がいると、残念なことになります…

お金はいつもらえるの?

協力費に関しては、銀行口座への振込みか、手渡しのパターンが。

今回は、手渡しだったので、小切手にサインして、退院をする間際に封筒に入った協力費を頂きました。

振込みの場合は、私の知る限り、治験の日程終了の3週間後とかに振り込まれるようです。

ちょっと急いでお金が必要!という方は、手渡しのパターンを探しましょう。

数は、少ないですが、あるにはあります。

おすすめの治験サイト一覧

おすすめと書いておきながら、矛盾しますが、ぶっちゃけどこから申込んでも問題はありません。

ただし、開催場所、治験の日程、協力費などは様々な案件があり、サイトによって重複している場合もあれば、他のサイトには無い案件もあったりします。

ですので、複数サイトに登録をして、よく吟味してください。

その中でも見やすいサイトと、実際に担当者と会話をしたサイトを3つご紹介します。

1.JVCN

JVCNは、今回お世話になったサイトです。

案件も見やすく、おすすめ。

担当者の対応も親切で、好印象でした。

JCVN治験ボランティア

2.VOB

こちらもJVCNと似た感じのサイト。

案件が、見やすい。

VOB

3.NEW-ING

サイトの印象は若干古めかしいですが、どうやらけっこう老舗っぽいです。

担当のおばちゃんが高圧的だったので、チキンハートの私はお断りしましたw

でも高額の治験案件も多く掲載されていて、長期でガッツリ協力費をもらいたい人は見てみるといいかもしれません。

ニューイング

サイトが直接、案件を抱えてるとは限らない

VOBからの申込みをしたあるひとつの案件は、NEW-INGに引き継がれました。

紹介した、治験サイトはあくまでまとめサイトのようなもので、運営が直接担当している案件もあれば、よそからさらにひっぱってきている案件もあるようです。

まぁ、別に治験を受けられれば、どっちでもいいんですがね。

詐欺サイトもあるらしい…?

アルバイト、短期バイトなど、と説明をしているサイトは、詳細情報をお送りするという名目で、登録料2,000円から3,000円程度を徴収し、実際には治験にご案内しないなどといった、登録詐欺の可能性が高いと思われます。その為、治験募集サイトに登録する際には、十分注意した上で、登録することをお勧めします。当サイトでは、登録者、治験参加希望者から、情報料、登録料などという名目の費用を一切徴収しておりません。

一部のサイトでは、会員登録費などを徴収するサイトがあるそうです。

「治験 詐欺」で検索すると高確率で、ヒットするのがこちらの新薬ネットさん。

登録費に、2000~3000円くらいかかった気がします。

詐欺とまではいいませんが、他のところは無料登録があたりまえですからね。

わざわざここに登録するメリットないので、このサイトは却下しましょう!w

治験体験のまとめ

高額な報酬がもらえるため、どうしてもあやしさがつきまとう治験ですが、不安に感じることは何も無いことがわかっていただけたでしょうか。

もちろん、手続きや、スケジュール調整、採血がある、暇…、などなど面倒なことも多少ありますが、普通のアルバイトに比べたら天国です。

報酬が高いのも、世の中の健康に一躍かっていると思えば、納得です。

ぜひ、時間のある方、すぐにお金が欲しい!という方は、チャレンジしてはどうでしょうか。

以上TOPICがお伝えしました。