MENU

ベビーベッドガードの隙間を無くす商品はある?|赤ちゃんの転落防止策を考えてみた

わが子を守るためのアイテムで、いたたましい事件が起きてしまいました。

東京都内で8月、大人用ベッドで寝ていた0歳の乳児がベッドガードとマットレスの間に挟まり、死亡する事故が起きていたことが分かった。乳児の就寝時にベッドガードを使用したケースでは同種の事故が国内外で確認されており、日本小児科学会が注意を呼びかけている。

ベッドガードとは?

ベビーベッドガードとは、ベビーベッドの柵に取り付けるパッドのこと。

柵に赤ちゃんがぶつかったり、手足がはさまったりするのを防ぐためのもので、「サイドパッド」「サイドガード」とも呼ばれています。

なぜ事故に?

消費者庁などによると、事故は8月8日に発生。

状況をまとめると以下

  • 大人用ベッドの側面にベッドガードを取り付け
  • 乳児を一人で寝かせていた
  • ベッドガードとマットレスの間に挟まれた状態だった

昨年9月にも、生後6カ月の男児が同様の状況で窒息状態になったそうです。

たった2分目を離しただけで

その他の事件として、母親が男児をベッドに寝かせて2分ほど目を離したところ、ベッドガードがずれてマットレスとの間に隙間ができ、男児が横向きに落ち込んでぐったりしていたそうです。

男児はその後、意識が回復したそうですが、良かった…

たった2分での出来事ですから、赤ちゃんの行動は、本当に目が離せませんね。

ベッドガードの隙間はなぜできる?

生後3ヶ月頃になると、足の力が強くなり、足で蹴りながら頭上にずりずりと動き出したり、身体を回転させて頭をベビーベッドの柵にぶつけたりすることが増えてきます。

その為に、ベッドガードを設置するのですが、商品によっては赤ちゃんのキックで、取り付けがズレるケースがあるようです。

大人が想像するよりも、赤ちゃんの力は強いようなんです。

ベッドガードの隙間を埋める商品は?

調べてみましたが、どうやら、専用の商品はないようです。

子育てブログなどを読み漁ってみましたが、みなさん、自作のダンボールを回りにくっつけたり、タオルを敷き詰めたり…

なかなか苦労されているようです。

赤ちゃんの周りをぐるっと囲うタイプのベッドガードもあるので、そちらの方がいいかもしれません。

赤ちゃんの転落を守るには?

生後6ヶ月の子を持つ、友人に相談すると2つの案が返ってきました。

1.サイドベッドを利用する

こちらの商品は、大人のベッドと高さを合わせることができる商品。

ベッドサイズも大きめで、動きの激しい赤ちゃんにも対応できそう。

友人の話だと、購入しよう、しようと思っていたら、すでに子供大きくなっていて、時すでにおそし。

必要無くなったそうですが…

しかし、このサイドベッドなら、赤ちゃんが起きてもすぐに対応できますし、転落の可能性もかなり低いのではないでしょうか。

赤ちゃんの世話は、ベビーの夜泣き、ミルク、おむつ替えなど、お世話をするたびにママは起き上がってひと苦労です。

ちょっと値段は張りますが、一生の買い物ですからね。

2.あきらめて床で寝る

6ヶ月の子供でも、大きな子はベッドじゃ窮屈なケースも。

さらには、小さいながら、ガンガン動きまわるとのことで、そもそもベッドに寝させられない!

だったら、床で寝させてしまおう!というのもひとつの手かもしれません。

しかし、お布団で家族そろって寝かす場合でも、布団からはみ出してしまうことも多いようです。

その場合は、床にシートを敷くなどして、赤ちゃんの打撲を防ぎたいところですね。

こういった、大判のジョイントマットを部屋に敷き詰めれば、赤ちゃんが夜中に動き回っても安心です。

防音効果もあるので、お父さん、お母さんも多少は安眠できそうです。

ジョイントマット 大判 6畳 32枚 おしゃれ EVA 防音 高品質 ぼうおん 安心のノンホル サイドパーツ付 フロアマット プレイマット 断熱 床暖房対応 転倒防止 洗える top3812 carpet 1010

まとめ

大人用のベッドを利用して、赤ちゃんを安全に寝かしたいという思いが裏目に出てしまった事件。

子育ては、まさか!ということが起きるものですね。

少しでも、赤ちゃんの身に危険が及ばないように、子供用のベッドガードを大人のベッドに使用するのは、控えたほうが良さそうです。

以上TOPICがお伝えしました。