MENU

青木美沙子の結婚や彼氏の情報、すっぴん画像は?|お茶会の参加方法など

10月3日(火)放送のセブンルールで、青木 美沙子(あおき みさこ)さんが特集されますね。

見た目は、超絶ロリータなのですが、年齢はなんと35歳で現役看護師だというから驚きです。

外務省も公認で、世界に日本の文化として、「カワイイ」を発信しているという一面も。

そんな、調べれば、調べるほど謎の深まる青木 美沙子さんのプロフィールや、結婚情報などを調べてみました。

青木美沙子さんのプロフィール

愛称 みーちゃん

生年月日 1982年6月3日

現年齢 35歳

出身地 千葉県

血液型 O型

身長 / 体重 157 cm / ― kg

スリーサイズ 75 – 60 – 86 cm

靴のサイズ 23.0 cm

出身大学:東海大学医療技術短期大学

資格:正看護師、ホームヘルパー2級

何度も書きますが、35歳というのは脅威です。

ロリータファッションというと、若い人のもののように感じますが、年齢など関係なく「カワイイ」は表現できるということでしょうか。

身長は157cmと小柄です。

体重は非公表でしたが、見た目は40kg台といった感じでしょうか。

全体的にちんまりとしていて、ロリータファッションがよく似合う体型という印象です。

青木美沙子さんの経歴

青木美沙子さんの経歴はなかなかすごいです。

その後、看護師看護高等学校在学中に読者モデルとしてデビューします。

短期大学卒業後は、看護師として大学病院に勤務する傍ら『KERA』のロリータ・ファッション系カリスマ読者モデルとしても活動。

そしてなんと、2009年には、外務省よりカワイイ大使に任命され、日本国外にゴシック・アンド・ロリータファッションを広める活動もされていたのです。

そんな活動が外務省主導で行われていたのが、初耳でしたが、ロリータ文化は日本が誇っていいものなんですねぇ。

そのカワイイ大使の任命を機に大学病院を退職し、訪問看護に転職。

さらに2013年春からは、美容外科医院に入職。

さらには、福岡市に「日本ロリータ協会」を設立。同協会の会長に就任されます。

日本ロリータ協会とは?日本独自のファッションとして産まれた「ロリータ」は、いまや全世界から注目を集め、日本を代表するカルチャーとなっています♥私たち日本ロリータ協会は、日本国内のロリータの活性化はもちろん、全世界への普及に努め、ロリータのネットワークを全世界に広げたいと考えています。世の中には言葉の壁は存在しますが、ロリータには国境がありません。ロリータを通じて世界のファンが繋がっていく、そんな素敵なお手伝いを目標として活動しています♪ 日本ロリータ協会より

ロリータ文化を広める傍ら、看護師として人の役に立つ仕事にもやりがいを感じているそう。

二束のわらじというハードな生活をしながらも、現在も、現役の看護師さんとして活躍されています。

青木美沙子さんの看護師姿がかわいい

ちょっと古いツイッターの投稿ですが、看護師姿の青木美沙子さん。

前髪パッツンでかわいいですね。

こんな看護師さんなら、ぜひ入院して癒されたい…

こちらは、最近のナース姿の投稿です。

2年前とかわらないかわいさですね。

青木美沙子さんのロリータファッション

私は、男性なのでロリータファッションにはまったく興味はありませんでした。

なので、ロリータファッションというとピンク色一色で、目がチカチカするような、そう林家ペーパー夫妻のイメージが強かったのですが…

ぜんぜん違いました!

青木美沙子さんのファッションは、もっと洗練されているというか、かわいいというより「カッコイイ」印象を受けますね。

何年もこだわっていると、「ロリータ」という枠を超えて、普遍的なかわいさやかっこよさが身につくのでしょうか。

ロリータファッションに関するイメージが、良い意味で変わりました。

青木美沙子さんのすっぴん画像

気になる青木美沙子さんのすっぴん画像はというと…

ありました!

こちらの画像は、日本すっぴん協会というホームページからの画像です。

2014年の投稿なので、3年前となるんですが、撮影時の年齢は32歳と推定されます。

もともと童顔なのかもしれませんが、特別若い!という感じではなく、丁寧に肌のケアをしているなぁという印象ですね。

前髪はいつもパッツンですが、これはロリータとしてのこだわりなのかもしれません。

いずれにせよ、すっぴんもとてもステキですね。

青木美沙子さんのお茶会はどうやって参加する?

青木が2カ月に1回開催しているお茶会というものがあります。

そこでは女性たちが紅茶片手に語り合うそうなんですが、スタイリストは付けずに、衣装は全部自前とのこと。

「朝起きてから出かけるまでに2時間かかる」といい、自宅の専用の衣裳部屋があるほどです。

すごいですね…

このように、ロリータファッションに身をつつんだ方々が、カリスマの青木さんと語らう場のようですね。

興味のない人からすれば、何が楽しいの?かもしれませんが、よく考えればハロウィンの仮装と近いのかもしれません。

かわいらしいフランス人形のような衣装で身を包むことで、一種の非現実をあじわい、こころから楽しんでいるのでしょう。

よく見ると、後ろに男性もいらっしゃいますね。

昨今では、男性が女装する「男の娘(おとこのこ)」なるものも流行っていますからね。

これからは、さらに人気がでるかもしれません。

ちなみに、前回開催のお茶会は、会費:4000円(税込)だったようです。良心的ですね。

男女問わず、参加できるようです。

お茶会に関する情報は、定期的にブログで発表されているようですので、気になる方はチェック!

青木美沙子さんのブログ

青木美沙子さんのネット上の評価

青木美沙子さんの名前で検索をすると、けっこうアンチの方も多いようで、有名掲示板にて悪口もかかれているみたいですね…

青木さんのデザインした小物などがパクリだ、体型が太っているなどと書かれていました。

目立つ活躍をしている人は、このような批評をされるのは仕方ないかもしれませんが、ちょっとひどいですよね。

青木美沙子さんの結婚・旦那・彼氏の情報

青木美沙子さんは、ご結婚されておらず、当然旦那さんもいません。

彼氏の情報に関しても噂レベルのものも含めて、まったくといっていいほど存在しませんでした。

今は、ロリータ協会の活動が楽しくて仕方がないのかもしれません。

また、可能性としては、男性が好きとも限りませんよね…

35歳という妙齢ですから、今後の浮いた話にも注目したいところです。

青木美沙子さんのカワイイはどう作られた?

青木美沙子さんは、母親によれば「小さい頃は私の後ろに隠れているような(引っ込み思案な)子だった」そうです。

しかし、高校生の時に原宿でスカウトされて読者モデルになると、2カ月で表紙を飾るようになり、そこから自分を出すようになっていったとのこと。

以前のインタビューで、青木さんはロリータファッションの魅力を 「自信のない自分と戦っているからロリータ服が必要なんです」と語っていました。

つまり、単なる趣味でやっていることではなく、青木さんにとってのロリータファッションは人生そのものなのかもしれません。

ロリータを着ること自体が自分との戦いですから。ロリータを着ると自分に自信が持てて、魔法がかかるという感覚があります。ふつうの服でいるときは自信がないけど、ロリータを着た瞬間にお姫様の自分になれる。そういうところがすごく魅力ですね。

魔法がかかるという感覚というのは、いいですね。

そういった体験からどんどんのめりこみ、自然と「カワイイ」を人並み以上に研究していったのだと思われます。

好きこそ物の上手なれということでしょうか。

青木美沙子さんのまとめ

ロリータ文化を、世界に発信するまでに高めた青木さん。

カワイイは年齢によるものではなく、作れるということを教えてくれます。

これからも、どんどんその世界観を追求して、多くの人を楽しませてほしいと思います。

以上TOPICがお伝えしました。