MENU

【24時間テレビ】難関槍ヶ岳に挑戦する義足少女「江口舞」がかわいいと話題!登頂できる?事故原因、年齢、学校、彼氏は?

槍ヶ岳はなかなか手ごわいぞ…大丈夫なのか?…

タレントのイモトアヤコが、26・27日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』内で、義足の少女・江口舞さん(19)と3180メートルの槍ヶ岳登頂に挑むことになった。6日に放送された24時間テレビ事前番組の中で発表された。

世界の名だたる名峰に挑戦してきたイモトさんと槍ヶ岳に挑戦するのは、江口舞さん。

今年で20歳を迎える節目の年に、イモトさんと槍ヶ岳に挑戦します。

江口さんは、3年前に電車事故で、左足を切断。

義足となります。

しかし、彼女はそこでめげなかった。

江口舞(えぐちまい)さんのプロフィール

引用 http://www.sankei.com/photo/story/news/160123/sty1601230006-n1.html

名前:江口舞(えぐちまい)
出身:大阪府柏原市出身
中学:柏原市立玉出中学校
高校:大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校
誕生日:1997年8月28日

江口さんは、事故後から始めたアーチェリー競技でメキメキと頭角を現し、2020年の東京オリンピック出場をめざしています。

現在、小学校の臨時職員の仕事の傍ら、アーチェリーの練習をこなす毎日。

最近では、行列のできる法律所など、テレビ出演なども舞いこんできています。

すごいなぁ…

事故の経緯と、その後

引用 http://www.sankei.com/photo/story/expand/160123/sty1601230006-p6.html

舞さんは高校2年のとき、駅のホームで電車と接触、左足の膝から下を失いました。

「事故の記憶はない。気がつくと病院のベッドの上。足を失ったことは父親から告げられた」

約1カ月の入院後、テレビで走り回る子供を見て、

「自分はもうあんなふうに走れんのかって思った。1人でいるとマイナス思考になることもあった」という。ただ、友達が「底なしに明るい」と話す楽天家。「悩んだのは3日間」と笑う。「生きていただけよかった。人生楽しむしかない」

と、すぐに自分の状況を受け入れて前向きに考えたそうです。

若いのに、たくましいですね。普通は、現実を受け入れられなくて、落ち込んでいく毎日だと思います。

現在は、アーチェリーの特訓に励む毎日

そんな舞さんをさらに後押しする出来事が、日本体育大学アーチェリー部総監督の藤本浩さん(47)との出会い。

昨年11月、府内のアーチェリー部の合同練習会に初参加。藤本さんによると「初めての人は、初日に矢を持つまで進まないし、まして的に当たらない」という。

でも、舞さんは3本の矢を的に命中させたそうです。

当然、義足で練習しているわけですが、そのハンディを感じさせないガッツがあるようですね。

江口さんの彼氏、恋愛の情報

引用 http://www.sankei.com/photo/story/news/160123/sty1601230006-n1.html

事故後、付き合っていた彼氏に海に連れて行って欲しいと頼んだ江口さん。

彼氏は、「その格好じゃ恥ずかしい」と断ったそう。

なんとまぁ、ひどい…

しかし、江口さんはその次の日、なんと、ソッコーで彼氏をふりました。

決してこびない姿勢が、かっこいいですね。

かわいらしい方ですから、すぐにステキな恋人が見つかりそうです。

最近は、ツイッターも開始

ツイッターをはじめた江口さん。

ばっさりと髪を切って、かなりボーイッシュな感じになっていますね。

24時間テレビの挑戦に対する、気合かな?

難関槍ヶ岳には、登頂できそう?

今回、挑戦する槍ヶ岳は、見た目のとおりヤリのようなするどい頂上をもつ山。

長野県と岐阜県にまたがってそびえています。

見るからに、のぼるのが難しそうな山ですよね。

見た目どおり、頂上手前ではゴツゴツした岩肌が続き、危険をともないます。

義足の江口さんですから、ラストの登頂付近が手ごわそうです。

槍の穂先に登るには、ラストのラスト、ながーいはしごを上る必要があります。

江口さんにとっては、おそらくここが最大の難関だと思いますが、どのように登るのか…

正直、不安もありますが、がんばって欲しい…

登頂はできるよ!

予想ですが、登頂はできると思います。

気を抜くと危険な山ですが、小学生でも登っている山なので、ゆっくり登れば大丈夫なハズ。

これまで、キリマンジャロ登頂(標高5895メートル)、マッキンリー登頂(標高6168メートル)、マナスル登頂(標高8163メートルと世界の危険な山々を登ってきたイモトアヤコさんもついています。

きっと協力すれば登りきることができると思います。

本番が楽しみです。

疑問と非難の声もあるそうで…

一部では、なぜハンデがある人とタレントが山に登る姿をテレビで放送する必要があるのか?という疑問の声も。

24時間テレビというと、「感動を安売りしている」、「番組制作費を募金したら?」という番組のコンセプト自体に非難も毎年のように出ています。

賛否ありますが、私はこの挑戦は応援したいですね。

見たいとこだけ、ちょこちょことつまんで見るのが正解だと思います。

過去には虐待疑惑も…

去年の24時間テレビですが、「両足マヒになんて負けない! 少年と家族が挑む富士登山」という企画が行われ、事故により両足がマヒした12歳の少年が富士山登頂に挑みました。

この企画の中で、クライマックスに近づいたときに事件は起きます。

疲労こんぱいの少年を何とか立ち上がらせようとするお父さんが、疲れからバランスをくずしてへたり込む少年の頭をはたいたように見えました。

それはもうスッパーーーーーんと叩いたように見えました…

ふっとぶ、少年の帽子。

すぐさまお父さんが、少年の頭をなで始めたところで、中途半端に映像は途切れました。

ネット上では、暴力的なシーンが映り込んだのでは?という意見が拡散しました。

番組は、感極まっての行動ですと説明しましたが、モヤモヤが残る結果に。

今回はそういった、モヤモヤするのはやめてね…

イモトアヤコがついていれば大丈夫!

最近すっかりかわいらしくなってきたイモトさんですが、登山暦で言えば、プロ級です。

当然、サポートも信頼できます。

江口さんと、イモトさんの協力プレーでぜひ登頂成功をして欲しいと思います。

楽しみですね!

以上TOPICがお伝えしました。