MENU

9月22日金曜ロードショー「崖の上のポニョ」|あらすじと見どころ!ネタバレ含む|裏話も!

2週連続のジブリキター!!!

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)では22日から2週間に渡って『秋のジブリ』と題し、スタジオジブリ・宮崎駿監督による人気アニメ映画『崖の上のポニョ』『天空の城ラピュタ』を放送することがわかった。

金曜ロードショー気合入ってますねぇ。

崖の上のポニョは、隠れた名作ですよ~。

ポニョがめちゃめちゃかわいんだよなぁ~。

崖の上のポニョはどんな作品?

崖の上のポニョは、海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介の物語です。

テーマは、家族愛と、友情。

家族団らんで見るには、もってこいの作品です。

もちろん、大人も童心に返って楽しめます。

キャッチコピー

  • 生まれてきてよかった。
  • 子どもの頃の約束は、永遠に忘れない。
  • 半径3m以内に 大切なものは ぜんぶある。

う~ん、このキャッチコピーだけでも、感動しそう。

崖の上のポニョのあらすじ

ざっくりとあらすじを紹介します。(ちょっとネタバレ)

ポニョ、宗介と出会う

魚の女の子ポニョは、海の女神を母にもち、魔法使いの父に育てられた不思議な女の子。

ある日、家出をして海岸へやってきたポニョは、空き瓶に頭が挟まっていたところを、保育園児の宗介に助けられます。

宗介は魚のポニョが好きになり、ポニョも宗介が好きになる。

ところが、娘がいなくなったことに気づいた父により、ポニョは海底に連れ戻されてしまいます…

ポニョ人間になる?

ポニョのお父さんは、海底にある家の井戸に、”命の水”を蓄えていました。

その井戸が一杯になると、忌まわしき人間の時代が終わり、再び海の時代が始まります。

ポニョは、宗介に会うために家から逃げ出そうとして、偶然に、その井戸へ海水を注ぎ込んでしまう。

すると命の水はポニョの周りに溢れ出し、ポニョは人間の姿へと変わってしまいます…

人間になるには宗介の気持ちが大事

一方、ポニョの父は、”ポニョが世界に大穴を開けた”と言って、このままでは世界が破滅すると慌て出します。

しかし、ポニョの母は、ポニョをこのまま人間にしてしまえば良いのだと夫に提案します。

古い魔法を使えば、ポニョを人間にして、魔法を失わせることができる。

しかし、それには宗介の気持ちが揺らがないことが条件でした。

もし、宗介の気持ちに嘘があったら…

※注意 この先からネタバレ含みます!

ポニョ人間になる!

嵐が落ちつくと、宗介の母は、彼女が勤めている老人ホームの様子を見に出かけていく。

翌朝、ポニョと宗介が母の後を追うと、途中でポニョは眠り出し、魚の姿に戻ってしまう。

そこへやってきたポニョの父が、二人を海底に沈んでいる老人ホームまで連れて行くと、そこには宗介の母とポニョの母が待っていた。

ポニョの母は、宗介が心からポニョを好きなことと、ポニョが魔法を捨てても人間になりたいことを確かめて、ポニョを人間にする魔法をかける。

ポニョと宗介が陸に戻り、キスをすると、ポニョの姿は5歳の女の子に変わるのだった。

めでたし、めでたし!

崖の上のポニョの見どころは!

さてさて、見どころは?

お母さんの愛情が泣ける

ポニョと宗介の友情(淡い恋心含む?)も大きなテーマですが、宗介のお母さんの気持ちの描き方が丁寧で、それはそれは泣けます。

チャキチャキしたお母さんですが、息子を守るためには、どんな苦境も乗り越えます。

それが、見てみてグッとくるんですよね…

食事のシーンがやっぱり最高

ジブリといえば、食事のシーンが有名です。

今回のポニョもその食事シーンへのこだわりが、いかんなく発揮されています。

ポニョと、宗介と、お母さんの3人の食事シーン。

あったかい食事っていいなぁと思います。

水彩画のこだわり

「崖の上のポニョ」では、スタッフにイメージをより明確に伝えようと、水彩絵の具でフルカラーに着彩されました。宮崎監督は500日の年月をかけ、のべ512枚にもおよぶ絵コンテを完成させました。

CG全盛の今にあって、水彩絵の具で着色された数々のシーン。

その鮮やかな映像は、ぜひテレビで確認してみてください。

ステキですよ~。

【裏話】ポニョ放送禁止って本当?

実は、この作中には、ポニョが魔法を使い、海が大荒れになるシーンがあります。

これが、東日本大震災の津波を想像させるとされ、地上はでは放送禁止になっていた時期がありました。

もちろん、震災以前に作られた作品ですが、タイミングが悪かったとしかいいようがありません。

ポニョは、死後の世界の話?

これは、根も葉もない噂ですが、ポニョのラストは死後の世界を描いているという話しがあります。

以下がそうといえる根拠のようですが…

  • 全てが水没した時点で、魂が天国へ大移動している
  • 途中の川で逢う大正時代の夫婦は成仏できない魂だが、ポニョが引導を渡した
  • 終盤、トンネルを抜けた時点で空気が変わり、あからさまにこの世ではなくなる
  • 老人が若返り、走り回る姿は、天国そのもの

私の感想では、言われてみれば!という感じです。

そうだったとしても面白いかも…と思いました。

どう解釈するかは、見た人が決めることだと思います。

ぜひ、ご自身で確かめてもらいたいと思います!

9月22日は、ぜひ家族そろってポニョを楽しんでみてはどうでしょうか。

以上TOPICがお伝えしました。